not wonder store

Blog

2021

07/01 Thu

.OWT. issue01

新しく取り扱う.OWT. issue01の紹介です。

 

 

 

OWT (アウト)とはイギリス英語のスラングで、anythingまたはsomethingと同じ意味を持ち、同国の一部で使用されている言葉です。
OWTの両側にあるピリオドは、二方向から読める様に配置しており、逆から読むとTWOとなり、数字の2を意味します。
このタイトルの意味することは『2人の何か』という意味になり、本誌のテーマにもなっています。
創刊号を機に、2人にフォーカスして、その方の人生観、生業、今後の動きなどを交えた取材を行い、写真をメイン構成にインディペンデントで、年2回の発刊を予定。

 

今後.OWT.では毎号2名づつ、国内外で活躍する写真家、建築家、画家、イラストレーター、 農家など、多彩な方々のフィールドで活躍しているアーティストの特集を順次行う予定です。

 

創刊号は、タイトルに手刷りシルクスクリーンプリント、機械式手製本による左綴じくるみ製本を行い、初版500部発刊します。
本誌では量産型機械製本とは違い、多少の紙ズレが発生しやすく、他雑誌媒体では行えない製本方法にあえて挑戦し、他では出せない表現で、消費し破棄される紙媒体が多い中、所有感の持てる紙面作りと話題を生む表現を目指してまいります。

 

.OWT.
販売価格 ー 定価2750円(税込)
ISBN 978-4-9912123-0-7 JAN 1920072025000
総ページ数 ー 70ページ
本誌サイズ ー 変形表紙、日本規格A4サイズ(297mm×210mm)
製本方法 ー 機械式左綴じくるみ製本(手動にて行いますので、多少のズレが発生します)

 

– 創刊号掲載アーティスト –
・YOHEI OGAWA (instagram – @ogawayohei)- Painter

新潟県出身、椰子の木や建物、車などを独特な色合いでPOPに描く風景画は彼の代名詞で壁画やキャンバス、空き瓶やルアーなどに落とし込み独自の世界観を表現しています。
その世界観に魅せられ、様々なアパレルブランドやショップからアイテムをリリースし続けている傍、精力的に作品を製作し展示を開催しています。

・NOBORU HINO / GINO (instagram -@gino_bicycle) – 自転車修理、販売

愛媛県出身、去年、今年とマウンテンバイクのムーブメントが起きつつある日本に、ヴィンテージマウンテンバイクをメインに各種自転車の修理、パーツの販売を行う日本でも数少な い自転車職人。 マウンテンバイクに魅せられ独学にて施工方法を取得し、80年代のフレームやパーツを使い 組み上げらたマウンテンバイクは、古めかしを凌駕し新鮮さを与えてくれます。

 

両人ともスケートボードを愛し、30代を迎えスケートボードから得た審美眼や、挑戦する事を学び、各々が選んだ生業に生かし新たな人生に挑戦しています。

 

 
 
店頭・オンラインストアで今日から販売しています。